【整骨&あはき院】店舗改装でゼッタイに押さえるべきたった1つのポイント【ローンは組むな】

整骨&あはき院を開業する時に避けては通れない初期費用。とくに店舗の改装費は、業者に頼めば安くても200~300万円は必要です。

自己資金だけでクリアできなければ、国金や信金から借入を検討されている方もいるでしょう。

清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちで、サインを書く方もいるはず。

今回の記事では、店舗の改装費にかかわる業者とのやり取りで、絶対に注意してほしいポイントを1つ紹介させていただきます

先に結論だけ伝えておくと「業者からローンを勧められても断ること」

実際の業者とのやり取りとあわせてみていきましょう。

スポンサーリンク

【整骨&あはき院】店舗改装でゼッタイに押さるべきたった1つのポイント【ローンは組むな】

先ほど、以下のツイートをしました。

廃業して3年ほどたちますが、もし店舗の改装費用でローンを組んでいたら、いまも返済に追われていたでしょう。

✔訂正
実際の費用は2,592,000円(税率8%)でした

ちなみに、金利は3~4%だったと思います。
返済期間はわすれました 笑

ローンを組めば借入はすくなくてOK?

自己資金がすくない状態で開業を考えるなら、多くの方は国金で借入を検討しているはずです。

しかし、改装費用でローンを組むのであれば、

”初期費用に改装費が必要ないため借り入れる金額もすくなくてOK

となりかねません。

場合によってはウソの事業計画書になる?

事業計画書に改装費(の見積もり)の金額を記入しているのに、実際はローンを組んでいたらウソの申請をしたと思われる可能性も。

担当者にバレたら大目玉を食らうかもしれません。

改装費や備品のための借り入れです。

ローンを組んでいたら毎月の返済額は5万円:金銭的負担『大』

ちなみにボクが改装費用でローンを組んでいたら、

トータルの返済額:3,014,113円
毎月の返済:50,235円

※金利3%、5年で返済の場合:金額は目安|複利計算(元利合計) – 高精度計算サイト

になります。

廃業して精神的負担から解放されたのに、金銭的負担からは逃れられない状況になっていたかもしれません。

スポンサーリンク

なぜローンをすすめてくるのか?ローンの契約→報酬

カンのいい人なら気づいているかもしれませんが、ローン会社が契約の代行を業者に依頼しているということですね。

わかりやすい例としては、スマホやネット回線の契約です。

大手は動かず、末端の子会社のスタッフが動いて契約をとってくる

複利で得られる利益(利息)が40万円とすれば、契約による報酬は10万円くらいになっても不思議ではありません。

書類1枚で10万円の報酬と考えたら、すすめたくもなりますよね。

ローンをすすめる業者に不信感?:実際のやり取り

ここからは、実際のやり取りを書いていきますね。

責任者の甘いささやき「ボクも資金繰りが大変でした」

ボクの場合、店舗の改装費が2,592,000円(税率8%)でした。

税込で2,592,000円

この金額を提示された時に、責任者(社長)が甘い言葉をかけてきます。


「開業したてていきなり大金出すのは大変なので、ローン検討してみてはいかがでしょう?ボクも独立したころは資金繰りに苦しんだ経験があるので、ひとつの選択肢として持っておくべきですよ(ニコッ」

セールスでよくあるパターンともいえますが

「自分が大変だったからアナタはこうした方がイイよ」

といった、相手を気遣うアドバイスのような雰囲気で説明を続けます。

セールスライティングでいうところの「ストーリーテリング」ですね。

ローンの話になった途端、明らかに様子が変わる?

ローンの話になった途端に

  • 責任者の表情が変わる
  • 他の社員は喋らない
  • 改装の打ち合わせとちがいやけに強引

といった変化がありました。

お金の話なので、多少態度がかわるのは仕方ないにしても不自然さはぬぐえません。

断っても「一度考えてきて」と書類を渡される

断っているにもかかわらず書類を渡してくるので、とりあえず受け取り目を通すことはありませんでした。

自宅に帰り書類はスグに処分。
結果として、正解だったと思います。

幸い?契約にはいたらず

後日、丁重にお断りしました。

ローンをすすめられたことについてイイ気はしませんでしたが、改装費用については不満がなかったので大人の対応ということで…

ローンを組んで借金に苦しんでいた方が話の流れとしてはオモシロいですけど、残念ながらそうはいきません 笑

「契約」にはウラがある:支払いを分ければイイってもんじゃない

契約をすれば「お金」が動きます。少額かつ1回の支払いで済むものであれば引きずることはありませんが、ローンやサブスクリプションなら話は別。

身近な例としてはスマホやネット回線、ウォーターサーバーがありますよね。

トータルでどのくらい支払うのか?

じっくり計算しておいてください。
思考停止で契約したら、痛い目にあうこともありますよ。

大きなお金が動く契約は、一括で支払えるくらいの資金を用意しておきましょう。

まとめ:店舗改装で押さえるべき1つのポイント【ローンは組むな】

借入ができるのであれば、改装費にローンは組まないことをオススメします。

業者が甘い言葉をささやいても、耳を貸してはいけません。相手は、契約による報酬のためにアナタを気遣っている可能性大です。

契約ごとにはウラがあるケースもめずらしくありません。
とくに、ローンやサブスクには注意しましょう。

あわせて読みたい
≫【柔道整復療養費適正化】資料をできるだけカンタンに解説したよ
≫【鍼灸整骨院】廃業したけど開業当初に買ってよかったもの5選【コスパ重視】

コメント