一部PRあり

【たった5分で登録可能?】無料で入れる保険『フリーナンスのあんしん補償』とは?

セラピスト業とは別に副業にチャレンジしたい。
でもトラブルとかがあると面倒だし……
あんしんして副業に打ち込める方法はないかな?

セラピストの副業といえば、

  • セミナー講師
  • オンラインサロン
  • 症例別コンテンツ作成
  • セラピスト業の兼業

など。

いろいろと経験を積んで来られた方なら、チャレンジしてみたい気持ちはあるのでは?

しかし、予想のできないトラブルもゼロではありません。事故やケガ、病気で仕事をキャンセルしたり、納品が遅れたりして、依頼者に損害を与えてしまうケースも……

そんなときにオススメしたいのが、無料で利用できるフリーナンスの”あんしん補償”です。
(個人事業であれば、副業でも利用OK)

最近、ボクも加入しましたが、問い合わせへの対応も早いですよ!

今回の記事では、フリーナンス

  • あんしん補償の内容
  • 利用するための条件2つ
  • 利用時の注意点2つ
  • 無料で利用できるワケ
  • 登録の手続き

をくわしくまとめてみました。

ちなみに、ややこしいポイントについては、フリーナンスに問い合わせて確認してみました。

安心して副業にトライできる環境づくりのためにも、フリーナンスへの登録をご検討ください。

✔書いた人

ケニー

柔道整復師、鍼灸師の免許を所持。開業~廃業を経験。ブログ、ライター、WEB制作、kindle出版など幅広く活動中。

kindle出版について

≫フリーナンス公式ページでくわしい内容を確認する

※当記事の画像はフリーナンス公式ホームページより引用しております。

フリーナンスとは?無料で利用できる保険サービス

運営元はGMO

フリーナンスは、GMOが提供する個人事業主やフリーランス向けのサービス

大手なので安心感もありますね。

✔無料で利用できるサービスはつぎの3つ

①フリーナンス口座
→売上の入金口座として利用可能

②あんしん補償
→事故やトラブル時の補償

③即日入金
→入金保証(手数料:3%~)

副業セラピストの仕事に大きくかかわるサービスとしてはつぎの2点。

①フリーナンス口座
②あんしん保障

フリーナンス口座は副業用の入金口座として利用可能です。また、定期的にフリーナンス口座に入金があることで、あんしん補償のサービスが受けられます。

≫フリーナンス公式ページでくわしい内容を確認する

無料で保険に加入?『あんしん補償』について

フリーナンスのあんしん補償では、最高5000万円の補償が受けられます。

✔補償の範囲(引用)

補償限度額事故の例
業務遂行中の事故最高5,000万円陸上競技をドローン撮影中、突風により操縦不能に陥り、選手に怪我をさせてしまった。
仕事の結果の事故最高5,000万円市の依頼で作成したゆるキャラのきぐるみの設計上のミスにより中の人が酸欠状態で病院に運ばれた。
受託物の事故最高500万円写真撮影用に預かっていた新製品の模型を、アシスタントが転んで壊してしまった。
情報漏えい最高500万円業務に使用するパソコンがウィルスに感染し、企業情報が漏えいし、発注者に営業損失が発生した。
著作権侵害最高500万円発注者へ納品した成果物が第三者の盗用にあたるとされ、第三者から損害賠償請求を受けた
納品物の瑕疵最高500万円納品したシステムに不具合が生じ、システムの使用不能期間の代替手段に要する費用が発注者に発生した。
災害や感染症などの事態による納期遅延最高500万円職場が罹災し、納期に間に合わなかったため、発注者から損害賠償請求を受けた。
※適用の判断は、フリーナンスを通じて損害保険ジャパンが判断。

情報漏えいや著作権侵害によるトラブルにも、対応してくれています。

ちなみに、さいごの『災害や感染症などの事態による納期遅延』については、以下のように書かれていました。

引用:フリーナンスあんしん補償のあらまし(PDF)

冒頭にお伝えしたように、事故やトラブルによる仕事のキャンセル、納品の遅れによる損害もふくめて補償の対象となります。

これが無料で利用できるのは、かなりオトクですよね。

『あんしん補償』を利用するための2つの条件

サービスを利用するための条件はつぎの2つ。

  • フリーナンス口座の開設
  • フリーナンス口座への入金(重要)

フリーナンス口座については、チョイややこしいポイントがあります。

そのため、フリーナンスに問い合わせてくわしい内容を確認してみました。

その1:フリーナンス口座の開設が必要

あんしん補償を利用するには、フリーナンスが提供する口座を開設する必要があります。

フリーナンス口座とは?

  • GMOが運営する『あおぞらネット銀行』のバーチャル口座
  • メインバンクへの振込手数料は無料
  • 法人からの入金のみに対応

となっています。

法人からの入金については、条件その2でくわしくまとめています。

フリーナンス口座はバーチャル口座

フリーナンス口座は、あおぞらネット銀行のサービスのいち部分を利用したものです。そのため、あおぞらネット銀行のページからログインをしたり、サービスを受けたりすることはできません。

会計ソフトにフリーナンス口座を連携できないので注意しましょう。
(入金履歴を見て手入力:CSVファイルとしてダウンロード可能)

✔会計ソフトの登録について問い合わせたときの返信

その2:フリーナンス口座への入金がある(重要)

一定期間、法人からフリーナンス口座に入金が確認できない場合は補償の対象外となります。一時的にでも、売上がフリーナンス口座に入るように設定しておきましょう。

ここで疑問に感じるのが、つぎの2点ではないでしょうか?

  • 一定期間とはどのくらい?
  • 法人からの入金とは?

順番にみていきましょう。

『一定期間』に明確な基準なし:DMで確認してみた

一定期間について、問い合わせてみましたが明確な回答は得られませんでした。

✔フリーナンスからの返信

どうやら具体的な期限は決められていないようです。

法人からの入金=クレジット&QR決済会社からの入金でOK

個人で仕事をしていると法人からの入金なんてないよ……
一定期間、法人から入金されなかったらサービスを利用できないよね?

と思ってしまいますが、問い合わせて確認したところクレジットカードやQRコード決済会社からの入金でOKとなっています。

✔決済会社からの入金でもOKか問い合わせたときの返信



イメージとしては、つぎのようになります。

クリックで拡大

このように設定しておけば、決済会社からフリーナンス口座に入金される仕組みがつくれるので『あんしん補償』を利用できます。

フリーナンス口座から、メインバンクへの入金手数料がゼロ円なのはウレしいですよね。
(自動振込が設定可能)

ちなみにブログ運営やnoteの販売をしている先生なら、売上が振り込まれる口座をフリーナンス口座に設定してもOKです。
(法人からの振込になるため)

ボクはブログの収益をフリーナンス口座に振り込まれるように設定しておきました。

注意:フリーナンス口座は給与や個人の入金に対応していない

法人からの入金のみのため、個人から入金や給与の受け取り口座には指定できません。

以下、フリーナンスのページより引用。

そのため副業を検討している先生は、クライアントからの支払いをクレジットカード決済にしておきましょう。

カード決済やQR決済の一部の入金先を、フリーナンス口座にしておくのもアリです。

いちばん利用がすくない決済サービスからの入金ををフリーナンス口座を設定しておけば、いつも支払う手数料だけであんしん補償のサービスが受けられます。

例:決済会社の手数料4%

1ヶ月の入金:20,000円、手数料4%:800円

であれば手数料の800円(月額)でフリーナンスのあんしん補償が利用できます。

≫フリーナンス公式ページでくわしい内容を確認する

店舗を持っていなくてもクレジット決済は可能

いま準備中の方も、スクエアなどのクレジットカード決済で事前にアカウントを作成しておけば、いざ動き出した時にあたふたしなくてすみますよ。

スクエアの登録も、初期費用&キャンセル料もかからなのでご安心ください。

≫スクエア公式ホームページで登録方法を確認する

利用時の注意点2つ

あんしん補償を利用するときの注意点はつぎの2つ。

  • あんしん補償の適用までには時間がかかる
  • セラピスト業そのものは補償の対象外

順番にみていきましょう。

あんしん補償の適用までには時間がかかる

フリーナンスに登録して口座開設をしたら、すぐに補償の対象にはなりません。適用されるのは、登録した月の翌月15日からとなります。

ボクの場合は11月に登録したので、適用開始日が12月15日となりました。

セラピスト業そのものは補償の対象外

ひょっとしてセラピスト業の賠償責任保険のかわりになるのでは?

と思ったので、フリーナンスに問い合わせてみました。

残念ながら、セラピスト業による賠償責任保険のかわりにはならないようです。この問題がクリアできていたら、某団体等に所属する必要すらなくなるんですけどね 笑

くわしくは以下のリンクを参考にしてみてください。

≫ フリーナンスあんしん補償のあらまし(PDF)

『あんしん補償』が無料で利用できるワケ

これだけのサービスが無料で利用できるのはわかったけど、ちょっとアヤしくない?

フリーナンスは『即日払いサービス』による手数料を中心に事業を運営しているためです。フリーナンスのホームページには、つぎのように書かれています。

手数料をふくめ、預かったお金を運用しているとのことです。

請求書をフリーナンスに提出して、請求書分の金額を先に受けとれるサービスです。

(手数料3%~)

コンテンツ作成→納品といったケースでは、入金が1~2か月先となることも。その期間のキャッシュ&フローを改善するためのサービスといえるでしょう。

フリーナンス登録の手続き

ここからは、フリーナンスの登録手順をみていきましょう。

ざっくりまとめるとつぎのようになります。

  1. 会員登録ページで必要事項を入力
  2. メインバンク&フリーナンス口座の開設
  3. 身分証明書&自撮り写真アップロード

最近ならネットバンクや証券口座、携帯電話のオンライン受付がおなじような手順となるため、慣れている人なら5分で登録できます。

慣れていない人でも、手順通りにやっていけば迷うことはないですよ。

✔事前に準備しておくもの

  • スマホ
  • メインバンクの口座情報
  • 身分証明書(免許証やマイナンバーカード)

それでは、くわしくみていきましょう。

メアドやSNS or Googleアカウントで登録

メール、Facebookアカウント、Googleアカウントのいずれかを準備します。

このあと、入力したメールアドレス(アカウントに紐づいたメールアドレス)にフリーナンスからメールが届きます。

リンクの有効時間は5分なので、すぐに登録準備にとりかかりましょう。

パスワードの設定

利用規約にチェックをいれたら、ページ下の「設定する」をタップ(クリック)

電話番号の設定

電話番号を設定したら、スマホに認証コードが届くので入力しましょう。

※電話番号は、ログイン時のSMSによる2段階認証で使用します。

個人情報の登録

つぎは利用者情報(個人情報)を入力していきます。

入力前に、事前に準備するものを教えてくれます。

入力項目(必須のものを抜粋)

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 性別
  4. 住所
  5. 業種
  6. 業歴(年数)
  7. 請求書1枚の平均請求額
  8. おおよその月間売上平均

順番に入力していきましょう。

屋号などの入力項目はありますが、スルーしてもOKです。

ちなみに業種には『医療・健康』がありますよ。

請求書1枚の平均請求額、おおよその月間売上平均については『○○万円』となっているので注意しましょう。

※金額は参考

メインバンク&フリーナンス口座の登録

まずは、メインバンクから登録していきます。

登録後に変更する場合、ログイン後に問い合わから変更となるため注意しましょう。

以下の銀行であれば、タップするだけで銀行コードは自動で入力されます。

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行


例:メインバンクがゆうちょ銀行の場合

フリーナンス口座の名義を登録

メインバンクの名義とフリーナンス口座の名義がちがう場合は、申請書が必要なので注意しましょう。

つぎに入力内容の確認画面に移動します。

もしまちがいがあれば、したの「登録内容を修正する」でもどりましょう。

公的身分証明書の送信

スマホを使ってQRコードを読み取ります。
※iOSではサファリから登録します。

スマホで運転免許証やマイナンバーカードを撮影

カードを持った状態での撮影となります。

部屋が暗いと認識されにくいため、明るい場所で撮影しましょう。

フリーナンスの審査待ち

撮影した写真を送信できれば、フリーナンスの審査に入ります。はやければ、当日に結果がわかりますよ。

✔11月5日に申し込み(赤枠)11月5日にアカウント開設の返信(青枠)

なお、個人情報に不備があれば、連絡してもらえるので登録したメールアドレスをチェックしておきましょう。

ボクの場合は、申し込んだ翌日に審査保留のメールが届きました 笑

有料コース『あんしん補償プラス』もあります

いわゆる所得補償プランとなります。

くわしい内容は、以下のリンクをご確認ください。

あんしん補償プラス | FREENANCE(フリーナンス) | FREENANCE(フリーナンス)

まとめ:副業を考えているならフリーナンスに登録しておくべき

副業とはいえお金をいただく以上、責任をともないます。万が一のトラブルに対して、ナニも対策をしないのはプロとして失格ともなりかねません。

安心して副業にトライできる環境づくりのためにもフリーナンスのような保険サービスの登録をしておきましょう。無料で利用できるサービスなので、損することはありませんよ。

あんしん補償のサービスを利用するための条件は2つ

  • フリーナンス口座の開設
  • 法人口座からの入金

一定期間、法人からの入金がなければ対象外となるため、クレジット決済会社からフリーナンス口座に入金されるように設定しておきましょう。

この手順をふまえておけば、決済会社に毎月はらう手数料だけでフリーナンスのあんしん補償サービスが受けられます。

クレジット決済には初期費用無料でキャンセル費用もかからないスクエアが便利です。いまのうちに、アカウント登録をすませておいて「すぐに行動するクセ」をつけておきましょう。

≫フリーナンス公式ページ
≫スクエア公式ページ

コメント