【介護施設】色々あるけど違いやオススメの職場は?~未経験ならデイサービス~

【介護施設】色々あるけど違いやオススメの職場は?~未経験ならデイサービス~


この記事は4分で読めます。

今の職場では将来が不安、あるいはコロナの影響で運悪く仕事を失った方もいることでしょう。

収入を得るために、未経験だけど介護に挑戦してみようかな・・・?

といった考えを持たれた方もいるのでは?

とはいえ、

介護施設の種類は色々あるけど何がちがうのかな・・・?

といったことがあると思います。

こんにちは。
医療現場で約10年勤務、今は大阪のとある介護施設(デイサービス)で機能訓練指導員として勤務する管理人kennyです。

そこで今回の記事では、勤務先になることが多い

  • 特養(特別養護老人ホーム)
  • 有料老人ホーム
  • 介護保険老人施設(老健、デイケア)
  • デイサービス

未経験なら自分の経験上、オススメはデイサービスです。

では、それぞれの違いや特徴についてみていきたいと思います。

関連記事:【介護職】なぜ低収入?現場目線で考えてみた~介護保険制度の問題~

スポンサーリンク

特養(特別養護老人ホーム)

特養(特別養護老人ホーム)
  • 65歳以上
  • 介護度3以上
  • 社会福祉法人や自治体が運営する「公的施設」
  • 費用は6万~15万/月ほど
  • 終の棲家として利用

特別養護老人ホーム、いわゆる「特養」は介護度が高く(※)自宅生活が行えない高齢者が入居できます。

※自分で歩けない、入浴できない、排泄できない・・・など

次に紹介する有料老人ホームにくらべて、費用は6万~と抑えられるのが特徴です。

また入居時に必要な一時金もありません。

反面、地域によっては入居待ちになることも多く数か月先になることも。

高齢者が生活を送る入居施設なので24時間体制の職場となります。

終の棲家としての利用になるので「看取り」もあります。

スポンサーリンク

有料老人ホーム(介護サービス付き高齢者住宅)

  • 65歳以上が一般的(60歳から受け入れることも)
  • 介護度は施設による(自立、要支援、要介護)
  • 民間企業が運営する
  • 費用は20万~40万/月ほど
  • 施設によって特徴がある(介護サービス重視、リハビリ重視など)
  • 終の棲家として利用

現在、地域によっては乱立しているともいえる施設です。
(それでも需要に追い付いていない・・・)

イメージとしては高齢者向けの賃貸住宅といった方がいいもしれません。
(光熱費の支払いもあり)

年齢、介護度、費用は施設によって大きく異なるケースも。

特養と同じく終の棲家としての利用も。

また入居一時金が0円のこともあれば数千万の場合もあります。

特養との大きな違いともいえますね。

また民間企業が運営するのでサービス内容も様々です。

介護そのものに力を入れたり、リハビリ重視、レクリエーションなど・・・

先ほどの特養と同様に高齢者が生活を送る入居施設なので24時間体制の職場となります。

もし勤務するとなったら経営母体はかならずチェックしておきましょう。

パナソニックやベネッセなど聞いたことがある企業が運営していることもあれば、中小企業の材木屋さんが運営していることもあります。

なかには税金対策のために運営しているケースも。

自立、要支援、要介護?

自立・・・介護の必要がない状態をさします。

要支援・・・要介護状態にならないための予防支援(生活の一部をサポート)が必要な状態。

要介護・・・日常生活を一人で行うのが困難な状態。

介護保険老人施設(老健、デイケア)

  • 医療的ケア、リハビリが必要な高齢者向けの施設(常勤医師が必要)
  • 「在宅復帰」が目的
  • 終の棲家にはならない
  • 主に医療法人が運営している
  • 65歳以上で介護度1以上
  • 費用は9万~15万/月ほど

一般的には老健やデイケアと呼ばれることが多い施設。

前述した特養、有料老人ホームとの大きな違いは在宅復帰が目的となります。

ですので終の棲家とはなりません。

日常生活のケアだけでなく、在宅復帰を目標としたリハビリを含めた医療的ケアが受けられます。

医療的ケアを行う施設なので医師および看護師が常駐しています。
(特養、有料老人ホームでも看護師が利用者の人数に対して数名必要となります。)

医療法人が運営していることが多く、病院と老人ホームの中間的存在といったところですね。

デイサービス(通所介護)

デイサービス(通所介護)
  • 小規模の事業所が多い(18人以下/日)
  • 入居施設に比べて利用者の介護度は低め
  • 高齢者の社会参加を促すことも目的の一つ
  • 費用は利用回数によって変わる(約5千円~4万ほど/月)
  • 勤務時間は日中のみ
  • 送迎が多い

1日の利用者が18名以下の施設は地域密着型通所介護となり市町村が指定を行います。

普段は自宅で生活しているため入居施設に比べて介護度は低い傾向にあります。

単なる介護サービスというよりは高齢者の「社会参加の場」という認識の方がイイかもしれません。

その名の通り利用者は日中しかいないので、勤務時間も日中だけになります。

施設にもよりますが、週休2日の職場も多くワークライフバランスが保ちやすい環境ともいえます。

生活のリズムが作りやすいので、こんなサイト運営もできちゃいます。

利用人数も限られているので、自分の経験上では送迎時などの忙しい時間帯を過ぎればあとはゆっくりと仕事ができます。

入居施設のような不規則なシフトは結構大変です。

ムリをして体調を崩したら意味がありません。

未経験のうちからいきなりハードルを上げる必要は無いと思います。

ただし送迎業務が多いので運転免許は必須ですよ。

まとめ

以上、【介護施設】色々あるけど違いやオススメの職場は?~未経験ならデイサービス~についてまとめてみました。

個人的には小規模のデイサービスがおススメです。

給料はやや低くなるかもしれませんが時間を確保でれば

  • 資格取得のための勉強
  • 他の転職先を探す
  • 副業をやってみる

など色々と行動が起こせます。

未経験で不規則なシフトや忙しい職場で消耗するよりかは、時間をどう確保するかを優先的に考えた方が長期的に見たらいい結果につながるのでは?

時間は有限ですよ。

関連記事:【介護職】なぜ低収入?現場目線で考えてみた~介護保険制度の問題~

コメント

タイトルとURLをコピーしました