介護の仕事

介護関連

【フリーランス介護職】やるべきことは3つ【価値提供、価格設定、SNS】

保険制度を利用せずに「全額自費」でお金を支払う(いただく)ことに抵抗を感じる方は多いと思います。 高齢者の数は2042年(※)まで増え続けるというデータがあるなかで、これからは高齢者の様々な希望にこたえる必要がでてくるでしょう。 そこで、今後は介護保険制度に縛られない「フリーランス介護職」の需要が高まっていくと予想します。
介護関連

【フリーランス介護職】需要が高まる「3つ」の理由を考えてみる【介護保険はもう限界?】

介護業界の今後を考えると2042年(※)まで高齢者が増える=介護の需要が増えることは、まちがいありません。 高齢者が増えるということは「介護保険」だけではカバーできない部分も増えることになるのではないでしょうか?
介護関連

【フリーランス介護】資本主義経済で生き抜くための希望?【費用と価値提供について考える】

「価値」のない仕事は「資本主義経済」において生き残ることはムズかしいのが現実。 しかし「介護保険を利用しない」フリーランスの介護職であれば、ルールに縛られず、薄利多売をやめて「自由に価値提供」をすることができるのでは? ただでさえ「価値」のみえにくい介護の仕事。 「価値を高める」ことが「資本主義経済」を生き抜く方法ではないでしょうか?
介護関連

【介護の仕事】いそがしいのは自己責任?“人手不足”だけが原因じゃない

メールやLINEなど便利な連絡手段があるにもかかわらず、介護業界はいまだに電話&FAXが幅をきかせています。 こんなものを使っていたら、いそがしくなるのは当然の結果 笑 (ムダな仕事を増やしていそがしくなるのは、役所と電○だけで十分です) ケアマネ事業所もデイサービスや入居施設も、お互いの時間を奪うようなことはやめましょう。
スポンサーリンク