介護関連

介護関連

「きらケア介護求人」てどうなの?【メリット、デメリットもあわせて詳しく】

さて転職、求人といえばハローワークに足を運ぶこともあると思います。 が、ぶっちゃけ「医療&介護」についてはハローワークはお勧めできません。 このような時に役に立つのが転職エージェント。 今回の記事では「きらケア介護求人」についてみていきたいと思います。
コメディカル

デイサービスで働く看護師さん【メリットとデメリット】

看護師さんにとってデイサービスは、ゆるく働ける職場と思います。 医療現場に疲れた、ブランクがある、パート、アルバイトとして少し働きたい方にとってはオススメ
看護師

デイサービスの機能訓練指導員てどうなの?【看護師さんは大変かも】

機能訓練指導員の対象資格として「看護師」も含まれています。 とはいえ、整形外科で看護師としての勤務経験があっても、セラピストととしての経験とまったくの別物です。
コメディカル

医療従事者が”介護施設”で働くために・・・【捨てるものは3つ】

理学療法士や柔道整復師、あるいは看護師の免許を持っていたら、転職の際に1度は検討したことがあるのではないでしょうか? 理学療法士、作業療法士の先生であれば同じ介護施設でも「老健」に勤めた方が待遇もいいはず。 しかし、待遇のよい職場にすべてに人が勤められるとは限りませんよね? (あるいは激務で心身ともに疲弊することも・・・^^)
介護関連

岡村さんの発言から思うこと【風〇嬢よりも介護職員になってほしい】

岡村さんの発言のように、危機的状況に陥ったことで仕方なく風〇で働く(もしくはそれに近い形で)ことになるヒトは出てくると思います。 今回の記事では、貧困に陥ってしまった女性をテーマにした書籍を2冊紹介したいと思います。
コメディカル

「テレワーク」が増えた未来→介護施設の利用は条件が必要かも?

デイサービスや入居施設における介護保険利用については、 一人暮らしをしている高齢者(家族が遠方に住んでいる) 家族がほとんど自宅にいない(家族が”現場仕事”をしている) など「条件を設ける」必要がでてくるのでは?と考えています。
介護関連

~介護業界~「コロナ」によるポジティブな未来とは?【在宅〇〇がカギ?】

在宅勤務が増えることで、「介護業界」にも変化がでるかもしれません。 そこで今回の記事では コロナによる「ポジティブな未来」 について現場目線で考えてみたいと思います。
コメディカル

【緊急事態宣言!】介護事業はどうなる?~4つの不安要素~

医療現場のスタッフ(医師、看護師、事務の方など) 介護事業で働く職員(介護福祉士、ヘルパー、機能訓練指導員など) は休むわけにはいかないですよね?
介護関連

コロナショックで介護の人手不足解消か?~ネガティブな理由~

コロナショックで日本が終了しそうですね。 とにかく自粛→ヒト、お金が動かない→経済活動低下→仕事がなくなる・・・ といった具合で「派遣切り」や「雇い止め」により失業者が増えることは間違いないでしょう。
介護関連

介護現場に”就職氷河期世代”はどうよ?【アリだと思います】

今回のテーマでもある”就職氷河期世代”(バブル経済崩壊のあおりをうけた世代)はどうでしょうか?

年齢でいえば、現在、35~45歳(2020年時点)

体力面を考えると正直、建設業や運送、飲食業などは、40代からでは厳しいというのが実際のところでしょう。

それでは、介護事業に関してはどうでしょうか?現場で働いてる目線では”アリ”だと思います。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました