【介護の仕事】いそがしいのは自己責任?“人手不足”だけが原因じゃない

介護業界はいまだに電話&FAXが主流

介護の現場といえば人手不足ということもあり、いそがしくなりやすい・・・
そんなイメージを持たれている方は多いのでは?

ボクが勤務する職場(デイサービス)でも数日前、やたらといそがしい日がありました。
(ちなみにボクは別の部署にいました 笑)

とはいえ利用者の急変があったわけでもなく、事故やトラブルが起きたわけでもない。

話を聞いてみると

「電話がかなり多かったんですよー」

電話??

そうです。

メールやLINEなど便利な連絡手段があるにもかかわらず、介護業界はいまだに電話&FAXが幅をきかせています。

こんなものを使っていたら、いそがしくなるのは当然の結果 笑
(ムダな仕事を増やしていそがしくなるのは、役所と電○だけで十分です)

ケアマネ事業所もデイサービスや入居施設も、お互いの時間を奪うようなことはやめましょう。

スポンサーリンク

仕事がいそがしくなるのは自己責任?電話&FAXをやめよう

  • 電話は相手の時間を奪う
  • 電話ですべてが伝わると思ったら大きな間違い
  • FAXはムダだらけ

以上3点についてみていきましょう。

電話は相手の時間を奪う

電話は相手の時間を奪う

電話の対応をすることで、今やっている仕事を中断することになります。
(以前、自分で仕事をしていた時にも感じたことですが、ハッキリいって迷惑きわまりない 笑)

電話は相手の時間を奪う、ということをホントに意識したほうがいいですよ。

電話対応で5分、10分と時間をとられるということは、おなじ時間だけ相手の仕事が止まるということです。

いつも楽しみにしているドラマを観たいのに、家族に用事をたのまれたら萎えませんか?
それと同じです。

某ホリ○モンは「電話してくるヤツはバカ」とまでいってましたが、この考えはホント正しいですよ。

  • 相手の仕事を止めてまで連絡をする必要あるのか?
  • 今すぐに回答が必要な連絡なのか?

入居施設、デイサービスはもちろん、ケアマネの事業所で仕事をしているヒトは、相手の状況も考えずに電話するのはホントにやめましょう。

電話ですべてが伝わると思ったら大きな間違い

電話で自分の伝えたいことを伝えたら満足していませんか?

それって、ただの自己満ですよ?

電話の対応では

  • 会話をする
  • 問い合わせに対する回答を考える
  • メモを取る

といった具合に、いくつかの作業を同時進行する必要があります。

聞き間違いなど、ミスが起きやすい状況になっていることに気づいてますか?

とくに男性は女性とちがって、マルチタスクが苦手なヒトが多い。

メールなどで伝えたいことを簡単にまとめて送りましょう。

FAXはムダだらけ

霞が関でもいまだにFAXが使用されていることが話題になりました。
役所関係、公的な機関はなぜかFAXを使いたがるんですよね。

霞ヶ関にはびこる「FAX文化」 元官僚YouTuberに聞く「ペーパーレス化されない事情」
省内の連絡などになぜFAXを使うのか、法務省が国会議員の質問に答えた内容が、ツイッターで話題になっている。理解を示す向きもあるが、時代遅れではないかといった声も多い。このやり取りを紹介した官僚出身者に話を聞いた。法務省は「事務を迅速かつ確実に処理するため」としたが...国会議員は会期中、政府に質問主意書を提出して、それ...



いや、もうアホかと

と思っていたら、介護業界もおなじだったことに気づかされたたんですよね 笑

FAXのムダなポイント
  • 紙がもったいない
  • FAXのある場所まで移動しなくてはいけない
  • 書類をセットする必要がある
  • FAX番号の検索
  • ときどき紙が詰まる 笑

これだけムダな作業があればいそがしくなって当然です。

メールにpdfファイルを添付したらすぐに終わる作業にたいして、やたらムダな作業が多いこと 笑

どこでもドアがあるのに、移動はいつもチャリを使っているようなもんですよ?

なぜ、いまだにFAXを使うのか?
はっきりいってナゾです。
(メールやパソコンに疎い連中が「メールやパソコンの使い方がわからない」という理由で、FAXを使っているケースが多いのでしょうか?)

スポンサーリンク

メールで解決できることは多い

いまどき電話やFAXを使うなんて、普通の企業なら考えられないことですね 笑

ケアマネ事業所もデイサービスや入居施設も、お互いにメールを使うようにすれば余計なことに時間をとられずにすむのでは?
(ぶっちゃけメールすら古いといわれているんですけどね)

今の現役世代(20代~50代)なら、メールを使ったことがないヒトなんていないはず。
使えるものは使いましょうよ。

そもそも問い合わせる内容って、ホントに今すぐ回答が必要でしょうか?

たとえば事業所の情報や利用者の確認をしたければ、メールで

件名:事業所の情報などについて

お世話になっております。
○○ケアプランセンターの□□です。

【問い合わせ内容】
・事業所の加算状況
・現在の空き状況
・以前、ご案内した△△様の利用状況

お時間のある時でかまいませんので、以上の3点についてご返信いただきますようお願いいたします。

くらいでいいのでは?

メールなら、お互いの言葉がメールとして残るし確認もしやすい。
電話なんかより100倍確実ですよ。

メールを使うだけで、電話対応やFAXに使っていたムダな時間を半分くらいにできるのでは?

IT技術を使わないのはただの怠慢?

IT技術なんてたいそうに書きましたが、せいぜいメールやスマホで使うアプリ程度のものです。

便利なものがあるのに使わない、使い方を覚えようとしないのはただの怠慢じゃないですか?

  • メールはGmailで管理
  • 必要な書類や資料はクラウドストレージで保存&共有
  • ちょっとした連絡はLINEを利用

くらいのことは理解しましょう…

と言いたいところですが、

職場に提案したところで「使えないヒト」の方が多かったら、使えるヒトの意見なんて通らないんですよね。

今までこのやり方でやってきたから、これからも変える気はない(ドンッ!)

まあ現実なんてこんなものです 笑

ツイッターの声

電話とFAXはこの世からなくなってほしいですね 笑

まとめ

  • 電話やFAXはやめよう
  • メールで解決できることは多い
  • 便利なものを使わないのはただの怠慢

こうしてみると、介護の仕事がいそがしくなるのも半分くらいは自己責任。
かならずしも「人手不足」が原因じゃないですね。

ケアマネ事業所もデイサービスや入居施設も、メールを使うようにすればお互いの時間を奪うことはありません。

その問い合わせ内容は、ホントに今すぐ回答が必要なことですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました