【介護職】周囲の人から「感謝」される理由【安い給料で働いてくれるから】

介護職は安い給料で働いてくれる

介護の仕事といえば

やりがいがある
高齢者の笑顔が見れる

そしてなにより、色々な人から「感謝」される仕事ですよね。

そんな希望をもって介護職を目指した方もいるのでは?

こんにちは。
医療機関で約10年、今は大阪の介護施設(有料老人ホーム&デイサービス)で勤務しているkenny(ケニー)です。

先日、こんなツイートをしました。

介護職が感謝される理由って「安い給料」で誰もやりたがらない過酷な仕事をやってくれているから。
利用者の費用が今の2倍になって介護職員の給料も500~600万とかならそこまで感謝されないハズ。
奴隷を増やすよりも、介護職を希望する人がどうしたら増えるか考えたらいいのに。

このツイートをくわしく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

介護職員は安い給料で働いてくれる奴隷

介護職員は安い給料で働いてくれる奴隷

結局のところ介護の仕事は「安い給料」で、だれもやりたがらないことをやっているから感謝されているんですよね。

「感謝される」のはとてもありがたいことです。

でも、少しくらい見返りがあってもイイのでは?
といつも思ってます。

感謝された結果は低収入という現実

介護職員の平均年収は312万円(平成 求人ボックスより
全産業の平均年収は432万(平成29年度 国税庁HPより

その差は歴然です。
100万円以上もの差があるんですね。

「やりがい搾取」されてませんか?

その安い給料で一生懸命、働いてくれたら喜ぶのは国と営利目的の経営者。
給料を上げずに「生かさず殺さず」が国や経営者にとってはありがたいのです。

もし介護職員の給料が上がれば国としては税金を使うことになるし、経営者としても自分の懐位に入れる分が減りますからね。

スポンサーリンク

国は安い給料でさらに奴隷を増やす予定

介護人材が不足すれば介護離職が増えるのは目に見えています。
介護サービスを利用できなければ、身内で介護をするしかないですからね。

そんななか「介護離職をゼロに!」とかかげた某首相。
国としての取り組みは以下のもの。

引きこもりや外国人労働者で人員不足を補う!

こういったヒト達を人手の足りていない介護の現場に送りこめばどうにかなると思ったのでしょうか…

そんなヒト達を受け入れることができるのは、人員に余裕のある職場だけでしょう。

まあ上級国民から見たら介護の仕事は低スキルあつかいですからね。

全国のうち7割の介護施設が人手不足という現実

そもそも、全国の7割の施設が人手不足。

前述したヒトたちを下にみるわけではないですが、誤解を恐れずいうならば、仕事を覚えてもらうにも時間のかかるヒト達ですよね?

運悪くホームレスになったり、引きこもりになったヒトが、いきなり体力勝負でありながらコミュニケーションも求められる現場で働けるでしょうか?

日本語もままならない外国人が、仕事の内容を理解できると思いますか?

彼らを受け入れて喜ぶのは経営者

運よく彼らが職場に残ってくれたら助成金が出ます。

トライアル雇用助成金(トライアルこようじょせいきん)とは、日本において雇用保険法等を根拠に、職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、ハローワークや職業紹介事業者等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成するものであり、それらの求職者の適性や業務遂行可能性を見極め、求職者および求人者の相互理解を促進すること等を通じて、その早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的とする助成金の一である。雇用保険のなかの「雇用保険二事業」と呼ばれる事業のうちの雇用安定事業(雇用保険法第62条)として行なわれる。

Wikipediaより引用

経営者としては

お金がもらえる
人員不足も解消できる

となれば、とりあえず受け入れてみる人もいるのでは?
もちろん、負担は現場にいる職員に押し付けられるんですけどね。

ヒドイ経営者なら、助成金すら自分の懐にいれるヒトもいるとか…?

国がやるべきことは職員が安心して働ける現場を作ること

国のお偉いさんたちは、そもそも介護現場がなぜ人手不足になっているのかわかっていない気がする 笑

国がやるべきことって「介護職員が安心して働ける環境を作る」ことじゃないですか?

介護職員が安心して働くには

  • ブラックな職場をゼロにする
  • 介護職に対するマイナスなイメージをなくす
  • 待遇改善

これらを国が率先して行わなければ、この先も介護職を希望する人は増えないでしょう。
とくにブラックな職場をなくすことで、イメージもよくなり待遇改善も図りやすくなるハズ。

やりがい搾取で貴重な人材が壊れる前になんとかしてほしい。

世の中の情報はネガティブなイメージが多くなりやすいんですよね。

マスメディアのせいともいえるけど、国が率先してくつがえさないと「介護離職をゼロに!」なんて到底ムリでしょ。

ここまでのまとめ
  • 介護職は安い給料で働いてくれるから感謝される
  • 国は今後も奴隷を増やす予定
  • 奴隷を増やすよりも安心して働ける環境を作るべき

そんな介護の現場でボクが働く理由

ネガティブな情報ばかりがつきまとう介護業界。
そんななかでボクが働く理由は

残業がないから

運が良かったともいえますが、今の職場は残業がほぼありません。

今は本業+副業&勉強

決して給料は多くありませんが、時間に余裕があるので副業にチャレンジしたり投資の勉強をしています。

空いた時間を利用して、一刻も早く今の働き方から抜け出すことが目標です。
これも時間があるからできること。

医療現場にいたころには想像もできない生活を送っています 笑

時間があればチャンスが増える

個人的には、多少収入が下がっても残業のない職場で働くことをオススメします。

時間があれば精神的な余裕も生まれるので

  • 収入アップを目指した転職活動
  • 副業にチャレンジ
  • 自己投資

といったことが可能です。

現時点で、時間に余裕のない職場にいる方は検討してみる価値はあるのでは?

収入源が一つしかない
定年まで働けるとも限らない

そんな不安を抱えたまま働くのは辛くないですか?
動くのであれば、人手不足で職場を選べる立場の今がチャンスですよ。

オススメ介護系転職エージェント
(無資格&未経験でも対応可能な求人もあります)

都心部にお住まいの方なら【きらケア介護公式ホームページ】
未経験orキャリアアップを考えるなら【かいご畑公式ホームページ】
全国の求人に対応【ケアジョブ公式ホームページ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました