【当然】東京女子医科大の看護師が400人退職~しょせん末端~

医療チーム

この記事は4分で読めます。

命がけで働いてきたのに、ボーナスカット。
さらに「変わりはいくらでもいる」なんてことを言われる始末。
今まで看護師としてやってきたことは一体なんだったの?

医療現場(主に整形外科)で約10年勤務、今は大阪のとある介護施設(デイサービス&有料老人ホーム)で機能訓練指導員としてのんびり勤務(たぶんホワイト)しているkennyです。

残念ですが、経営側の判断は当然の結果ともいえます。
(理事室の移転で6億円ほどつぎ込まれているようですが 笑)

売上が激減している以上、ボーナスの支給はムズかしいのが現実。
一般企業なら当たり前ともいえます。

(7月18日追記)

7月18日に一転してボーナスを支給するというニュースが発表されました。
とはいえ不信感は拭えそうにありませんが…

東京女子医大、ボーナスを検討へ 「原資が確保」と一転:朝日新聞デジタル
 夏の一時金(ボーナス)の支払いを見送っていた東京女子医科大学病院が、支給を検討していることが17日わかった。大学や病院側の教職員向け文書によると、独立行政法人福祉医療機構からの資金調達で、「手当の支…

不満があるなら辞めてもらって結構。


というドライな対応も経営側としては珍しくない。

そもそも国の補償がまともなら、今回の事態は防げた可能性はあるはず。

慰労金(5万、20万)だけじゃ足りないですよね。

ちなみに兵庫県では慰労金が支給されません(一部除く)

ホント、自分の身は自分で守るしかないですよ。

自己責任の国、ニッポンです。

残念ですが、国や経営者は大企業やお金を持っているヒトしか助けません。

大企業には日本ETFという形で12兆円ものお金を出したり、電通には謎の業務委託で769億円(最終的には20億円?)ものお金が流れています。

とまあ、余談はこのくらいにしておいて・・・

今回の看護師一斉退職の件で気になった点が3つ。

  • ドクターの立場が強すぎ
  • 不正の暴露がある?(もしあったなら)
  • 退職しなかった人たちの今後

それではみていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドクターの立場が強すぎる

看護師が辞めても、ドクターがいればなんとかなると考える医療機関の経営者は多いのでは?

ドクターが指示を出したり自ら動くことで、診療報酬が発生します。

このあたりは医療現場にいれば、ピンとくるバズ。


結局はドクターがいなければ、患者さんに何もできないし、売上にも貢献できない。

看護師に限らず、薬剤師、診療放射線技師、リハ職、臨床検査技師、臨床工学士、医療事務など、どれだけ優秀なコメディカルスタッフがいてもドクター次第という現実。

経営側としては売上を出す必要があるので、一番貢献してくれるドクターの立場を守るのは当然でしょう。

ということで、その他の職員に対しては「代わりはいくらでもいる」という発想に至るわけですね。

今までいろいろな職場を経験しましたが、職員を大事にしない経営者(ドクター)はフツーにいますよ。
ほぼ同時に看護師2人、医療事務、リハスタッフが退職なんてこともありました。

日本政府と同じく、下の人間なんてどうでもいいのでしょう。

こんなのは日本だけ?

日本ではドクターの権力が異常なまでに強いですよね・・・

ドクターのいうことは絶対!

今でもこのような慣習が残っていますよね。

【海外の事例】

アメリカでナースプラクティショナー(NP)になるまでの道
アメリカに留学したいと思いだしたのは幼少期でした。父がハーバード大学で建築学を学...

アメリカではNP(Nurse Practitioner)といった資格があります。

NPは医師の監督などいらず、独立した医療提供者として、診療、検査のオーダー、処方、簡単な外科治療もできます。

看護ネットより
海外で働く卒業生~世界を旅する豪華客船で鍼灸治療をしています②~
海外で活躍する東洋医療総合学科の卒業生をご紹介しています! 前回ご紹介したのは、世界を旅する豪華客船で鍼灸治療を行う、東洋医療総合学科・臨床教育専攻科 卒業生の岩清水さんです。インタビューレポート第2弾が届きましたのでご紹介します!

僕も所有する鍼灸師免許。

豪華客船専属の鍼灸師として勤務すれば、ドクターと同等の扱い。

世界的に見れば珍しくないことですが、日本では鍼灸師の立場はかなり低い 笑

まあ鍼で身体が治ってしまったら困るヒトがたくさんいますからね 笑

スポンサーリンク

不満を持ったヒトが不正を暴露する?(不正があった場合)

公衆電話から不正の内部告発

ご存知かもしれませんが最近、群馬大病院で余分に受け取っていた医療費計約1億7千万円を返還というニュースがありました。

患者7万人に医療費返還へ 診療報酬不正で群馬大病院
群馬大は8日までに、群馬大病院が診療報酬を不正に請求していた問題で、対象患者約7万人に、余分に受け取っていた医療費計約1億7千万円を返還する方針を明らかにした。患者は県内在住の人がほとんどで、病院は

不正請求が発覚するケースといえば、内部告発がほとんど

まあ「退職してもらって結構」というスタンスなんで、問題ないということでしょうか。

退職という選択肢をとらなかったヒト達の今後

ある意味一番、気になるところ。

これだけの状況で、退職という選択肢を選ばなかった理由とは?

なにかしら事情があるならともかく「思考停止でとりあえず残っている」ならかなりヤバいのでは?

あるいは

思考停止になるくらい、仕事で追い込まれていたのでしょうか?

ヤフーやTwitterの声

以下、ヤフーのコメントより一部引用

今回はワケが違います!通常の想定される業務ではないですよね。
医療職の本人のみならず、その家族まで大いなる危険にさらし、頑張ってくれたことに報いるべき。
せめて危険手当などの支給をしてください!

全国の看護師たちもやるべきです。労働組合なんて全くあてにならないでしょう。看護師は皆さん使命感が強く真面目なので、経営側はその善意を利用してるとしか思えません。しかし、実際デモやストライキをやってしまうと患者さんのことを考えてしまうと思うので今回のやり方は非常に良いと思います。

以下、Twitterの声

当然というか、応援の声がたくさん。
そして逮捕された国会議員にもボーナスが支給される国、ニッポン 笑

とはいえ看護師なら転職には困らない可能性大

看護師なら大丈夫

こんなこと言ったら無責任かもしれませんが(スイマセン)

看護師免許があれば転職先には困らないかなと。

嫁が看護師という理由だけで、家のローンが通るくらい看護師免許の存在は大きいです。

医療機関だけでなく、介護施設でも看護師の求人はかなり多い(好待遇の求人も?)

厳しい現場で消耗してきたのなら、介護施設でゆっくり働くのもアリでは?
自分にとって少しでも環境のイイ職場に身を置いた方が、長い目で見た時に得すると思います。

まとめ 雇われているだけの時代は終わり、行動した人だけが生き残る

残念ですが、雇われているだけの時代は終わりです。

これは看護師に限らずすべての業種においていえること。

「思考停止でただ働くだけ」はホントに危険です。

国が補償しなくても、職場がなにもしてくれなくても「自己責任」の一言で片づけられるのが今の日本。

「逃げる」という選択肢をとったヒトは勇気がある証拠です。

少しでもイイ環境で仕事がしたい!でも・・・

「失敗」したくないから転職はチョット・・・

将来が不安だけど「行動」を起こす勇気がない・・・

そんな方には転職エージェントの利用がオススメ。
無料で利用&登録できます)

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト:著者 山口 周

では「パラノとスキゾ:フランスの哲学者 ジル・ドゥルーズ」の章で以下ように書かれていました。

「逃げる」のは「勇気がない」からではありません。逆に「勇気がある」からこそ逃げられるんですよね。


転職は「逃げ」ではありませんよ。
「自ら選択する」という勇気ある行動です。


思考停止でなにも行動を起こせない時、それこそ本当に逃げている時ではないでしょうか?

  看護師向け転職エージェント    介護職向け転職エージェント  
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
きらケア介護
かいご畑
ケアジョブ

時間ができた人にオススメの一冊

生きていくうえで切り離せないお金の問題・・・

書籍「本当の自由を手に入れるお金の大学では

  • 貯める力
  • 稼ぐ力
  • 増やす力
  • 守る力
  • 使う力

をもとに「副業」「転職」についての考え方やお得な情報が書かれています。
(対談形式なので読みやすい!)

1540円(kindleなら1089円)の投資により、一年間で「数万円」は得をするノウハウが手に入りますよ^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました