【医療&介護職】”お金vsやりがい”どっちが大事?~時間という3つ目の基準~

管理人が柔道整復師の免許取得後、はじめて勤務した職場は朝7時に出勤して夜の9時に退勤。
休憩時間はほぼ無し。通勤時間も合わせると、1日約15時間は仕事。

そこで感じた「いかに時間が大事か?」

そんな経験をもとに今回の記事を作成しました。



この記事は5分で読めます。



”お金”と”やりがい”どっちが大事か?

まずはお金でしょ?

やりがいが大事!お金は後からついてくる!

それぞれ意見があるので、一概に決めることはむずかしいですよね。

「やりがい」のある仕事をしたい!



そう思って看護師、介護職、理学療法士などのセラピストを目指した方(目指す方)が多いはず。


でも現実には



「お金」があっても、「やりがい」がなければ長続きしない・・・
「やりがい」だけでは、生活が成り立たない・・・



どちらかに当てはまる方は、意外と多いのではないでしょうか?


低所得が問題となっている介護職の方や、安く買いたたかれている理学療法士、柔道整復師、鍼灸師の先生方もいるのでは?

そこで「時間」という3つ目の基準を入れてみてはどうでしょうか?


取り戻すことができない「時間」
ある意味、”お金”や”やりがい”より重要なもの。


時間
お金
やりがい



くわしくみていくと

  • 勤務時間とプライベートの時間のバランスはとれているのか?
  • 時間に見合った給料はあるのか?
  • やりがいの感じれる仕事なのか?


以上の3点を表にしてみましょう。

時間
お金
やりがい×

このように書き出してみると、自分がどういう状態なのかイメージしやすくなると思います。

 

スポンサーリンク

時間、お金、やりがい「あなたは何を選びますか?」

  • 最優先すべきは”時間”→1か月で290時間確保できたら理想
  • ”良いパターン(2つ〇)”と”しんどいパターン(1つ○)”
  • 最悪なのは”やりがい”のみ
  • ”やりがい”のみでオッケーなのは副業だけ

時間、お金、やりがい


いずれも仕事をする上では大事ですよね。


人間欲深いもので、すべてを求めてしまいがちです。


しかし現実には、3つ全部を満たすことはどのような仕事をしていても、むずかしいのではないでしょうか?


仕事をする上では、この3つのうち2つを満たしていればOKだと思います。
それでは詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

最優先すべきは”時間”→1か月で290時間確保しよう

医療 介護 残業

もし一つだけ選ぶとしたら時間を優先しましょう。


基本的な勤務時間であれば、1か月で「290時間」も自分の時間を確保することが可能です。


290時間あればいろいろなことができると思いませんか?


時間を見つけて副業、スキルアップのための勉強、転職情報を探す・・・


あるいは趣味などに没頭するのもイイかもしれません。

書籍:人生の教養が身につく名言集(著 出口 治明 ライフネット生命 創業者)では

人生においては仕事以外の70%が大事

と書かれています。

ということは、「生活における勤務時間の割合」は30%ぐらいがよいということですね。




1か月を30日、出勤日数を22日、勤務時間を10時間(通勤時間ふくむ)とした場合

10時間×22日=220時間

24時間×30日=720時間

220÷720=30.5%

となります。


このぐらいの割合なら、自分の時間が


720(24時間×30日)-220(勤務時間)=500時間


500時間ー210時間(睡眠時間 7時間×30日)=290時間



このように数字にしてみればイメージしやすいと思います。


今、アナタはどのくらい時間を確保できていますか?

良いパターン(2つ〇)

時間
お金
やりがい×
時間×
お金
やりがい

時間
お金×
やりがい

表にしたらこのようになりますね。
1つづつみていきましょう。

時間
お金
やりがい×

時間”と”お金”があるけど「やりがい」が感じられないパターン

プライベートな時間はあるので趣味に没頭しましょう。
仕事はあくまでも「お金」をもらうための手段と割り切ってOKです(仕事なんてそんなもんです^^)

それでも仕事でやりがいを感じたいなら「副業」で事業を起こしてみては?
理学療法士などのセラピストなら、セミナー講師やトレーナー活動などをされている方は多いですね。

時間×
お金
やりがい

”お金”があり”やりがい”も感じているけど「時間」がないパターン

看護師さんに多そうですね(勝手なイメージ)
とはいえ「お金&やりがい」を満たせているならイイのでは?と思います。
むしろ、今の仕事に合っている証拠なのでは?

とはいえ将来的には、時間を確保できるようにしていきたいですね。

時間
お金×
やりがい

”やりがい”を感じているし”時間”もあるけど「お金」がないパターン

副業一択ではないでしょうか?
仕事にやりがいを感じており時間に余裕もあるなら、精神的にもゆとりがあるでしょう。
趣味をベースに副業に挑戦して、収入を得ることができたらサイコーですね。

しんどいパターン(1つ○)

時間
お金×
やりがい×
時間×
お金
やりがい×
時間×
お金×
やりがい
時間
お金×
やりがい×

時間はあるけど”お金”と”やりがい”がないパターン

副業一択ですね^^
やりがいの感じることができる副業や事業をやってみるしかないでしょう。
せっかく時間があるならチャレンジしないともったいないですよ?
「行動」あるのみですね。
ちなみに、管理人はこれに近いですね^^

時間×
お金
やりがい×

お金はあるけど”時間”と”やりがい”がないパターン

「お金があるからイイやん!」と思いますが、結構大変なはず。
お金があっても時間がないから使えないし、使ったとしても「浪費」になりやすいパターンですね。
やりがいを感じていないから、仕事も長続きしないかもしれません。

転職するにも時間がないから、完全に退職してからでないと行動に移せないので要注意ですね。

時間×
お金×
やりがい

「やりがい搾取」なんで転職しましょう^^

一番危険なパターンです 汗
”やりがい”を感じているから、簡単にやめれないんですよね・・・
サービス残業とかは「ムダ」なんで早く抜け出すことをオススメします!
思考停止になりますよ(経験者談 笑)

介護職員の方に多い印象がありますね 汗

最悪なのは”やりがい”のみ!

やりがい搾取

一つくらいあるならいいんじゃないの?

と思う方もいるかもしれません。

残念ながら、ただの「やりがい搾取」です^^


そもそも「時間、お金、やりがい」一つもない職場に残る必要ありますか?


”心置きなく”やめれるはずです^^



前述しましたが”やりがい”のみだと、思考停止になりかねません。
過労死ライン(月80時間の残業)とまでいかなくても体への負担はかなりのものです。


そのような状態で患者さんの相手ができますか?
利用者さんの介護ができますか?

医療、介護職は一歩間違えると「命」にかかわる仕事です。


アナタが良い状態でいることで、良い仕事ができることを認識しておきましょう。

まとめ ”やりがい”を求めるなら副業でやってみよう

  • 基準を「時間、お金、やりがい」3つにする
  • 2つあればオッケー、1つ選ぶなら時間を優先すること
  • 月290時間確保できれば理想

このように考えてみてはいかがでしょうか?

仕事に対して何を求めるかは人それぞれですが、3つの基準で比較することでより明確になります。


ただ経験上、”やりがい”のみはホントに危険です。
思考停止になりますからね((((;゚Д゚))))ガクガク


もし”やりがい”を求めるなら「副業」でやってみてはどうでしょうか?

余談

”やりがい搾取”を当たり前と思っている職場は潰れてしまえばいいんです。
いつまでも頭の中が”昭和”で止まっているのでしょう。

非効率なことをして「これがウチのやりかた」とか 笑


アナタが壊れる前に、転職することをオススメします!

書籍「本当の自由を手に入れるお金の大学では

  • 貯める力
  • 稼ぐ力
  • 増やす力
  • 守る力
  • 使う力

をもとに、「副業」「転職」についての考え方やお得な情報が書かれています。
(対談形式なので読みやすい!)

本当の自由を手に入れる お金の大学
朗読社楽天市場店
¥ 1,540(2020/07/07 21:47時点)

1540円(kindleなら1089円)という値段が信じられないくらい、内容の濃いものになってますよ。

先の見えない職場で消耗するくらいなら、転職して時間を作りましょう。
確保した時間で、アナタの将来にとって本当に役に立つ勉強をしましょう^^



コメント

タイトルとURLをコピーしました